関西を拠点に活動する弾き語りアーティストによるコンピレーションアルバム「DOQMENTS」のblog
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ASAYAKE01
ASAYAKE01

さまざまな音楽活動をへて
2005年、ASAYAKE01としてソロ活動をはじめる。
2007,11自主音源『都会というよりその下で生きる』を発表。
ステップはスロー精神で大阪界隈活動中。


ASAYAKE01 WEBSITE
http://www.geocities.jp/asayake_01/

<言いだしっぺより愛を込めて>
これねー、ほんとにアミダクジなんですよ。まあ猛者揃いのチームDOQMENTSなんで、どんな順でもなるようになったと思いアミダクジなんですが、トリがASAYAKE01という、なにか神々しい人間に当たり、しかも収録現場では宴もタケナワ。だいぶ空き缶も散らかり、いよいよの12人目に盛り上がっていた。そして彼の選んだ曲は、あの頃話題になってた「エミニィアイニィ」。イントロが始まった瞬間に、思わず歓声を浴びせたかったのを我慢したのは僕だけじゃなかったはず。アミダクジで決まった真打は、音を出した瞬間まさに真打だった。
我らのあいだでは、ストイックを不器用に押し通しすぎておもしろいキャラになっちゃっている、愛すべき男、ASAYAKE01。音楽やってる人には個性的な人がとても多いのはそうなんですが、彼のおもしろさはユーモアでなく生活(笑)。あっと驚いてしまうこと多々。みんな大好きです。僕はスニーカーをあげました。
彼の音楽について語ることには、なんか野暮ったいものを感じる。四畳半ミーツ宇宙、ぶ厚くも透き通っている。他の曲もたくさんの人に聞いてほしいと思う。「大宮バンプ」、「雨よふれ」、まだオススメはあるが割愛。ASAYAKE01というひとつの芸術家が偉大である、ということを証明するほど僕は野暮ではないです。

音に触れ、世界に触れ、人間に触れて、ソロミュージシャンをCD一枚に、音楽以上までのものを封入したかったDOQMENTS。
なんとまあ象徴的な終わり方でしたとさ。

| 参加アーティスト | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
富永鉄兵


1984年3月12日生まれ。大阪狭山市出身。

2003年、スクリプトニクを結成。
2007年7月よりバンドとは違う試みでソロ活動へ。

浮遊感のあるコードワークに、どこか懐かしいメロディーを乗せて歌う。
夜はだいたい泥酔ぎみで千鳥足。


富永鉄兵 WEBSITE

スクリプトニク WEBSITE


<言いだしっぺより愛を込めて>
富永鉄兵氏は、まさにこの収録曲に象徴されるようなどちらかというと人生の「ダメ」な部分を歌うことが多い男だ。しかし、彼独特のロマンチズムのフィルターで見るに、それはキラキラ瞬いてんだな。
彼は、プロフィールにもある通りバンドもやっている。そしてそこではベースボーカルだったりする。聴いてもらうとわかるが、それは深いローを大切にしたGtプレイにも表れ、このアルバムのアーティスト群の中でも、一風変わった不思議なニオイをしっかり醸すことに成功しているのだ。
| 参加アーティスト | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はせがわかおり
 

1986年7月22日、兵庫県加西市民病院にて午前2時頃、誕生。
6人家族、父、母、兄、祖父、祖母に囲まれてすくすくと育った
B型かに座土星人。

最近のマイブームは、実家に帰ること、坂本竜馬、コーンマヨピザ、
大の字で寝る、緑のかばん(コロコロ変わります)などなど。

現在、大阪を中心に音楽活動実施中。活動の場を広げるべく、
共演者達と刺激しあいながら、自身の音楽を追及中。
2008年5月、5曲入り500円「恋模様」CD−R販売中。


はせがわかおり WEBSITE

はせがわかおり myspace



<言いだしっぺより愛を込めて>
いつも等身大な事柄を、サックリとした切り口で歌うはせがわかおり。
シンプルなだけに、こちらにもスッと届くんだが、この「ミニスカート」もまたご多分漏れず唐竹割り。
彼女(最近ハッセンって呼んでるが)を言葉で言い表わすなら、豪胆、破天荒、大胆不敵、など、22才の女の子にはあんまり似付かわしくないような言葉が次から次へ、である。
ハッセンは、12人でアルバムを作る、と聞いて、12人全員で音出すと思ってたらしい。そんな馬鹿な。いや違うよ、ひとり6分以内で云々説明すると、え、時間内何曲やってもいいんですか?と言うので、あ、それは一曲でお願いっす、と言ったら、じゃ、始めに曲紹介していいですか?と言うので、全然構わないよ、と言いました。
僕はハッセンと知り合った重要性を改めて認識しました。
| 参加アーティスト | 01:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本城タカヒロ
本城タカヒロ 

このプロジェクトの言いだしっぺ。

1976年7月24日生まれ。部屋の汚いA型。

’07の夏からソロ活動開始。
ああだこおだ紆余紆余と曲折してたら一年経ってしまったです。
課題をテーブルの脇に積み重ね、紅茶をすする昼下がり。
または酒ばかり。

初めてのソロ音源「HONJO TAKAHIRO」¥500で発売中。


本城タカヒロWEBSITE
http://music.geocities.jp/honjotakahiro/



<言いだしっぺに愛を込めて>
その顔面、その服装、その挙動、その話し振り。何かに憑かれてるのではなく、むしろ「憑く」側に位置するモノノケのような風体から放たれるロマンミュージックは、紛れもなく純真な彼の、その心、から紡がれている。
僕が知る限り、本城タカヒロという人は「乙女」だ。乙女の心、というのはいつも一本槍でありながらどこか偏愛を持つ。「DOQMENTS」というアルバムのコンセプトはまさにそうであって、「突き抜けよ、我々なりに」という首謀者の思いがなくては、発生→完成には到らなかっただろう。
僕達11人が惚れた「乙女」が聞かせてくれ、見せてくれる音楽の景色にただただ酔いしれ、協力していきたい気持ちでいっぱいだ!!< 文: 富永鉄兵 >
| 参加アーティスト | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MIKEY JOJO ATTACK
MIKEY JOJO ATTACK 

2005年からマツダマサトシのソロユニットとして活動開始。
ロマンティック、メランコリック、シネマティックをキーワードに曲を展開する。
2008年からは自主企画イベント「Hysterical Music Communication」をスタート!!


MIKEY JOJO ATTACK WEBSITE
http://www.k2.dion.ne.jp/~m.j.a/index.html


<言いだしっぺより愛を込めて>
当DOQMENTS内でもトップクラスのロマンチスト、MIKEY氏。その歌唱力、Gtプレイ、なによりロマンチストっぷりに敬意を表し、我らは彼をアタック師匠と呼ぶ。、、、ノック師匠みたいや(笑)。
アタック師匠の楽曲は、この曲もそうなように、切なく優しく、一筋の光明が必ず降りる。なんだかなぐさめられてるような気分になる。僕は彼を聴いて、いつも自分を許しているのかも知れない。
とはいえ、彼と僕はよく競演する。いつも何かしら悔しい思いの残る日になる。いつも勝とうと思うが勝てん。正直悔しいんだ。自分を許している場合じゃないな。
彼、繊細な音楽を奏でるし、実際繊細そうであるが、ところが知れば知るほど、あれ男クセエな、って感じである。なんだかんだでズボラな僕と仲良くさせてもらっている。発想がポジティブで、言いたいこともはっきり言うヤツ。これからもよろしくお願いしたいぜ。

| 参加アーティスト | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
藤原弘尭
藤原弘尭

日常のささいな1コマを切り取ったような歌詞を、
ポップなメロディに乗せて歌う、一匹猫の黄昏街角フォーク・ロック!
それは何故か君の脳裏に焼き付いて離れなくなるだろう。
好きな言葉は「気合」と「根性」。
関西のライブハウス・カフェを中心にライブ活動中!


藤原弘尭 WEBSITE
http://www.geocities.jp/fujiwara3150/


<言いだしっぺより愛を込めて>
いつでもナイスポップで、すべての曲の出来に太鼓判を押せる藤原くんである。彼の歌詞には何度もニヤリとさせられている。このDOQMENTSに持ってきたのは最近出来た曲で、初めて聴いたときその瞬間どひゃ〜っとたまげたこの「ミッドナイト〜」。うれしっす。
彼と僕とでは、彼の若々しい見た目のわりに実は歳はひとつしか違わん(僕が上)し、体格が華奢目なとこも同じなのに、彼のなにやらカワユイ感じであったり、なにやら中性的なムードであったりなところというのは真似ようにも真似できず、いつも非常にやっかんでしまうのであった。
藤原くん、いつか君のコード使いの秘密を教えてくれ。
| 参加アーティスト | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
panama
panama 

お酒が、よりおいしくなる、そんな音楽、作れますように。
あちらこちらで、弾き語り中。


panama WEBSITE
http://panamanico.exblog.jp/

<言いだしっぺより愛を込めて>
panama姉さんにこのコンピの話を持ちかけたとき、あの曲やって欲しな、、、ってすでに思っていたのが(伝えたっけ?)この曲「魚になって」。ふわふわと海の中を漂うように揺れる曲だが、しっかりと聴いていると、やもすれば水を含んだ髪の毛のようにしっとり重たく感じる。湿度は濃厚である。
技術的な部分で申しわけないが、このアルバムをミックスするに当たって一番気を使ったのは、panamaさんの「奥行き」だったりする。プレイがそう訴えていた。panamaさんの音楽は、そのときあった周りの大気をも盤に入れるべきなのだ。そして、絶妙に、絶妙に入れれたと思う(今聴き返している)。そのいい匂いのするオーラ(panamaさんの香水はみんな好き)とともに、この切ない曲を何度も賞味してください。どんなときでも優しい気持ちになれます。
| 参加アーティスト | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Quesa

 Quesa

ケサと読む。京都在住まつもと日和のソロユニット。2004年10月始動。この少し
前から作曲を始める。当初はバンドで活動、唄の芯を鍛えるべく今の弾き唄いに
落ち着く。現在はエレキチェリスト田中氏とデュオ編成で精力的にライブ活動を
している。伸びやかで艶やかな歌声が日常にそっとある温度を含んだ言葉たちを
繊細にかつ力強く紡ぎ、放つ。深呼吸する空間を包み込む。

2007年abcdefg*recordsより1stアルバム『音ハジキ』リリース
2009年1月 2ndアルバムリリース予定


Quesa WEBSITE
http://abc-ques.jugem.jp/



<言いだしっぺより愛を込めて>
DOQMENTS唯一のピアノで参加。ポップマイスターQuesa。最近勝手に「ケッさん」って呼んでます。ピアニストフェチとして、ケッさんとこんな親しくさせてもらえるのは光栄。スケール感のある歌とリズムの波は、その場を一瞬にして染めきってしまいます。そして微妙に絶妙な天然の持ち主。幸せになれる人。

というかです、このチームDOQMENTSメンバーはケッさんをはじめ、余すことなくほんと素晴らしいミュージシャンだらけです。僕はこんな素晴らしい人たちと一緒にいれるなんてものすごく贅沢なひととき。まあ、メンバーの前で改まるヒマもないんですが、改まって遠い目をすると熱くなってしまうんで、もう少し忙しくしときます。

カンワキュウダイ。
まさに川の流れを彷彿とさせるような流麗なピアノから、語りかけるように歌の絡む「川辺をゆく」。最後の目いっぱい鍵盤ブッ叩くとこまで「新たな水」注がれ続け、聴く人の感情を素直にさせ続けます。
さらにイントロに仕掛けが。
演奏の緊張感が、より助長されています。んだけど。
これねー。。。僕ら、まんまとしてやられましたね。ほんとにリアルなその場の話し声です。ケッさんとエンジニア荻野君の阿吽の呼吸が生み出したマジック。で、うわ!始まった!やべっ!ってなって僕ら黙ったわけなんですが。。。まんまと自然な喋り声からのフェードインに成功している、なかなかまれな良い例。このへんがDOQMENTSのドキュメンタリーなとこなんですが、この話し声(本城と志谷)の内容も知ればもっとDOQMENTS(笑)。気軽に聞いてください。気軽にお答えします。でもここには書かんほうがよいよなーーははは。

収録現場は、終わった人間たちもすでにほろ酔いで具合よく、 いよいよ盛り上がっておりました。
| 参加アーティスト | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安井淳

安井淳

 安井淳(ヤスイアツシ)

1972年10月2日生まれ
B型 天秤座

19歳よりギタリストとして音楽活動を始める。
2000年に「8 1/2」(ハッカニブンノイチ)というバンドを結成。歌い始める。
同時期に「HAPPY UNDER RIVER」というバンドに加入。ベ−シストとして活動。
2005年よりソロ活動開始。
2006年11月に初のソロ音源「RIVERSIDE RAINYMOON」をリリース。
現在山岡永美という歌い手とのデュエットユニット「ベロニカ」や、ジャカラン
タンの瀧井トヨノスケ、8 1/2の伊丹徳仁、土居明美、そしてオガサワラヒロユ
キとで結成したバンド「Fine or Rainy」と並行して活動中。


安井淳 WEBSITE(myspace)
http://www.myspace.com/yasuiatsushi

8 1/2 WEBSITE
http://www.music.ne.jp/~hakka2bunno1/

ベロニカ WEBSITE
http://veronica7.web.fc2.com/

Fine or Rainy WEBSITE(myspace)
http://www.myspace.com/fineorrainy


(ライブスケジュール)
9/19(金)吉祥寺PLANET K
「SUCK THE TOKYO」

9/27(土)谷九OneDrop
「弾き語りが好きになる夜」



<言いだしっぺより愛を込めて>
チームDOQMENTS最年長にして、大阪インディー最強のムードメーカー安井淳。
この人を愛してない人間はいないんじゃないかと思えるほどだ。ほんとに。すでに知り合いなら、一様に納得してくれるはず。でもね、しかしそれは逆で、実は安井さん自身こそが僕らを愛してるからなんじゃないかと最近思っているんです。あのモジャモジャ頭からは全方位的に愛が発散されているのです。そんな気がしている近頃。いつもありがとうございます。
そんな愛深き人の歌う「シャイン」。静かに紡がれるアルペジオに、ビターな歌声(ちまたではヴェルベットヴォイスと呼ばれている)は悲しんでいる人をなだめるかのよう。そして後半はなだらかに優しさが膨らんでいきます。
歌詞もね、おもしろいんですよね。とてもロマンティックで繊細で独特の世界観であるはずなのに、あらためて歌詞を読むとあまり難しい言葉は使われてなかったりして。世界観って、その人の住んでる世界の問題ですね。安井さんの場合、いつも愛の洪水警報。
安井さん、録音のときに「出来る限り暗くしてもらっていい?」と言うんで、ほぼ真っ暗闇で収録されました。
| 参加アーティスト | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
松岡恭子

 松岡恭子

大阪生まれ大阪育ちの唄う人。
関西圏のいろんな場面、いろんな楽器で広く浅く
のんびり活動中。
でも、ほんとは唄が唄いたいだけの人。
でも、実のところは楽しけりゃあなんでもいい。


松岡恭子 WEBSITE
http://matsukyon.web.fc2.com/

加入しているバンド、エニクスパルプンテ WEBSITE
http://www.geocities.jp/enixpp/


<言いだしっぺより愛を込めて>
当DOQMENTSのメガネ萌女子担当、マツキョンである。
まあね、アーティスト写真でもわかる通り、とてもユーモアに満ちた人。ぜひ話しかけてみてほしい。強気な自虐キャラという独自路線を歩くさまは、性別を問わず憧れてしまうフシがあるかと思うんです。僕(本城)は生まれ変わったら彼女になりたい。
さてこの「グッバイセイハロー」、軽快に伸び伸びしかし切ない、まさに彼女らしいポップチューンで、なんともアルバム中盤にいい風吹かしてんだが、これ、5拍子なんすよねー実はねー。不思議なもんだ。5拍子というと普通少々イビツに感じるものだが、あなたがもしそこで爽快に横に揺れているんなら、つまり彼女の歌声に聴き入っている証拠である。
ほかにも「君だけのキス」「レインガール」など、良曲満載の彼女のライブはMCも聞き逃せない!
| 参加アーティスト | 02:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
+ ABOUT DOQMENTS
+ INFORMATION
+ ARTISTS
+ IMAGE
DOQMENTS

2008/12/12 レコ発フライヤー
+ LINKS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ MOBILE
qrcode
+ OTHERS
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ